野暮用からの兄との約束

昨日は淡路島へ渡り、先週置き去りにしてきた「相棒」の元へ。



f:id:zo5ur53kle:20170617180216j:plain
お待たせ相棒

そして今日こそはとフェリー乗り場へ向かい「今日は船動いてますよね!?」と尋ねると「運航してますよ!」とのこと。

ホッと一安心してすぐ様フェリーへと乗り込みます。


f:id:zo5ur53kle:20170617180405j:plain
乗れた(*´ω`*)

原付き1台と大人1人で合計950円を支払い海の旅を満喫。

f:id:zo5ur53kle:20170617180534j:plain
久しぶりの光景ですね。

数年前にたこフェリーが運航休止となり寂しい気持ちがあったものの、今は2輪なら(125cc以下ね)フェリーの旅が味わえます。

そんな楽しい船の旅も数分で明石に到着。

そして15時20分の船に乗り16時にはカワセミのポイントに到着。

f:id:zo5ur53kle:20170617180918j:plain
相棒とカワセミの場所

そして昨夜のアップした記事へと繋がるわけですね。






そして今朝は兄のリベンジと言う事で朝の4時30分に現地で街合わせする事に。

僕なりの浅い経験をまるで上級者並の口調であーだこーだと説明し、鳥が動くのを待ちます。

明け方の公園は寒く、ジッとしてるのも嫌になるほど。

しかしカワセミの為なら1時間や2時間は同じ所で待つ事が出来ます。

それだけ見て感動出来る鳥なんですよね。

でもね、野鳥の雑誌でカワセミは「身近な鳥」コーナーに載ってるんですよね(笑)

僕のような人間からすれば「特別コーナー」みたいなページに載せてもらっても良いレベルと思ってるんだけどね。


そしてカメラ構えて30分を過ぎた辺りで奥の方へ飛び去るカワセミを発見。

「アッチに向いて行ったね」

ひょっとしたら朝は行動パターンが夕方とは違うのかもしれないね。

この読みが吉と出るか凶と出るか。

よし、場所を変えよう。

そう言いながら兄に場所変えを勧めます。

先日から気になってた「雰囲気の良いところ」に向かう。

「あの木の枝とか最高のポイントじゃない?」とか言いながら見つめていると、奇跡的にその木の枝から飛び立つカワセミが(笑)

ワシどんだけ持っとるねん♪

そして息を殺してファインダーからカワセミを狙います。


f:id:zo5ur53kle:20170617182007j:plain
キタキタ♪

兄もD7200で狙います。

「うぉー!めっちゃ綺麗やんか!」と言いながら感動しておりました。

f:id:zo5ur53kle:20170617182223j:plain
そんな兄の記念すべき1枚

運良く飛び回った後に目の前の枝に止まってくれた所を連写しまくってました。

僕も兄が撮れた事で一安心し、今日の目標でもあったダイブシーンに挑みますが、やはり難しい(泣)

光の指す方向も悪くSS1/1500で絞り開放、ISOはオートで5000とか(笑)

高感度カメラが羨ましいぜ!

もっと光をくれー!!


f:id:zo5ur53kle:20170617182630j:plain
上から照明当ててケロー!!

f:id:zo5ur53kle:20170617182711j:plain
ピントも甘けりゃ超絶ノイジー(泣)

釣りで例えるならバカでかい魚がルアー目掛けて激しくチェイスしてきて食わせたと思ったけどルアーが外れたような感覚。

ま、一応姿は撮れたので良しとしよう。

カメラの性能上AFは厳しいので次回は置きピンで狙ってみよう。


そしてタイムリミットとなり相棒の待つ駐車場まで撮影しながら戻る事に。


f:id:zo5ur53kle:20170617183042j:plain
朝日が指す

f:id:zo5ur53kle:20170617183105j:plain
奥地のアジサイ

f:id:zo5ur53kle:20170617183139j:plain
木の枝から見えたお月さん

f:id:zo5ur53kle:20170617190151j:plain
エナガの大群に遭遇

f:id:zo5ur53kle:20170617190239j:plain
飛び回ってシャッターきりにくいがな!

f:id:zo5ur53kle:20170617190323j:plain
カラスに追われる鳶


とても楽しい午前となりました。

次こそはダイブして捕食までを撮ってみたいな〜。


って、そんなに甘くないね。

広告を非表示にする