読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トリトリタイ

先日GWの最終日は家族で森林植物園へ行ってまいりました。

兄貴達に声を掛けたら「暇なので今から行く」と即答。

到着までの間は子供達とピクニック気分でお弁当食べたり玩具で遊んだりしておりました。


f:id:zo5ur53kle:20170509211757j:plain
三姉妹

f:id:zo5ur53kle:20170509212001j:plain
走り回る三女

f:id:zo5ur53kle:20170509212049j:plain
遊び回る双子達

f:id:zo5ur53kle:20170509212131j:plain
ラケットだけで玉あらへん

f:id:zo5ur53kle:20170509212151j:plain
シャボン玉飛ばす


するとそこへ兄貴達が到着した様子で合流。

すると次男が「野鳥はどこや〜」いうてバズーカ並のレンズを取り出す。


f:id:zo5ur53kle:20170509212319j:plain
SIGMAサンニッパ

買ったとは聞いてましたがコイツ本気やないか(汗)

ま〜カメラに、撮る物に、影響受けやすい血筋は変わりありませんな。


早速子供達を置いて兄貴と2人野鳥探しに出掛けます。


鳴き声を頼りにゆっくりと進み、鳴き声の方をじーっと観察。

そして探す事10数分。


「居たっ!」

どこどこ?と聞く兄貴。

「あの木の枝の辺りに居るよ!」

僕がレンズを向けて撮影する。



f:id:zo5ur53kle:20170509213110j:plain
これはね〜

f:id:zo5ur53kle:20170509213129j:plain
ヤマガラだわ!


そして僕の目的は「鶯」を綺麗に撮る事。

ここから鳴き声を聞いてはジーっと木々とにらめっこ。

鶯って本当に見つけにくい。

木の枝を掻き分けながらゆっくりと進んで行き、そして目の前にようやく鶯発見!


「あそこだ!」

そう言うと兄貴もカメラを構えそのシャッターチャンスを逃さぬよう撮りまくる。


f:id:zo5ur53kle:20170509213547j:plain
おぉー!これが鶯かよ!

と言いながら僕に写真を見せてくれます。

今まで鳴き声だけで、実際の鶯を見たのも初めてだわ!と感動しておりました。

僕もタムロン70-300A005で頑張ります。


f:id:zo5ur53kle:20170509213751j:plain
全く届かんわい!(笑)

んなもんでトリミング。

f:id:zo5ur53kle:20170509213834j:plain
鶯さ〜ん♪

f:id:zo5ur53kle:20170509214028j:plain
ホケキョホケキョの最中に300㍉+デジタルズーム2倍

を、トリミング。

f:id:zo5ur53kle:20170509214130j:plain
ようやく納得の1枚が撮れました〜!

兄貴もこの「地味」と思われそうな野鳥撮りにのめり込んで行った様子。

んでもね、マジで鳥撮りだしたらおもろいね。

後輩からも「先輩、病んでるんですか?」と言われる始末でしたが、病むどころか面白いのよ。

釣りと共通した面白さがあってこれは奥が深いね。


そんな日曜日の事でした。




f:id:zo5ur53kle:20170509214422j:plain