読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高知遠征最終日(川編)

最終日最後の釣りは本流筋へ入ると決めていたのですが朝からずっと雨。

雨具すら持ってきていなかったのですが、最後くらい濡れても良いやという気持ちで本流へ向かいます。

しかしポイント到着と同時に少しだけ晴れ間が挿してきて「これはいけんじゃね?」的なノリに。

前回釣れたポイントを覗いてみるけど反応無し。

雨後のアマゴは良いはずじゃ!(*´Д`)ハァハァ

そこからポイントをランガンし時間的にもココが最後かと言うところ。

大きな岩がありその裏にはおよそ水深4mくらいあるんじゃないかというところ。

matsuミノーのフローティングモデルをほんの少しアップ気味に投げ込む。

このフローティングミノーの使い方も解り始めたので「食わせたいレンジまではただ巻」で良い。

およそ2m近く潜らせた所から激しくトゥイッチで誘いをかけると後方から40はある本流アマゴがmatsuミノーを煽るかのようにチェイス

水面付近まで激しいチェイスの末もう巻けない所まできてアマゴはUターン。

一呼吸してカラーチェンジ。

もう一度同じコースを通すものの反応無し。

更にもう一度matsuミノーを対岸近くまで飛ばしてディープに潜らせます。

必ずココに居る

そう思った瞬間同じ個体がスイッチ入りmatsuミノーをバンバン激しく煽りに掛かります。

次こそは食わすぞとアマゴのチェイスに合わせてmatsuミノーを操作。

そして水面下50㌢まで来たときに「ギランッ!」と反射と共にティップが大きくブチ曲がります。



きたっ!


その瞬間そこそこ締めていたドラグが「ギュイーーン!!」と出る。

で、デカイ。

しかしエッジの効いた足元に潜られたならまずい。

そう思った僕はドラグを締め込み耐える事にしました。


ロッドが絞り込まれラインは川の中間地点の水中へと向かっていたその時!



岩陰から大きな何かが目の前へ。


ボートがオールを漕ぎながら僕のライン目掛けて絡む。


嘘だろ!?

心の中ではオールを上げてくれと思いましたが無情にもラインを持っていかれてしまい先程まで絞り込まれていたロッドからはテンションが抜ける。

手の震えが止まらないままその場に座り込む僕。

完全に不意打ちを食らった。

こんな漫画のような話しあるかよ。

僕にとって二度とないチャンスだったのにこんな形で本流に幕を下ろすとは。

ミノーは無事回収出来たもののリップは破損し、僕の心も破壊されてしまいました。

ボートの人達も「すみません」と言いながら下って行きましたが、別に彼等が悪い訳ではなく、タイミングが悪かっただけ。

少しの間放心状態が続きましたが何とか立ち直り車へ戻る事としました。




f:id:zo5ur53kle:20170505072454j:plain

f:id:zo5ur53kle:20170505072508j:plain


ただ悲しいだけ(泣)