読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東南東の風、ヒラスズキ釣行は甘くない

昨日の朝は竹やんと合流し、何かしら釣りでもしようと言うことでぷらっと。


f:id:zo5ur53kle:20170503224547j:plain
エギングするも反応あらへん

その後はNori1022氏を拉致って昼飯行こうや、そしてパフェング行こうやと強制連行。


f:id:zo5ur53kle:20170503224739j:plain
彼の家でカレー

f:id:zo5ur53kle:20170503224805j:plain
食後の赤鉄橋ロール

f:id:zo5ur53kle:20170503224838j:plain
からのパフェング




そして夕方に解散し、僕は1人磯ヒラ釣行へ。

夕方東の風が9mと中々良さそう。

ここで選んだポイントは干潮で16時過ぎから18時30分までランガン

しかし手前は潮位が足りなくて魚の気配はゼロ。


こうなったらガンガン沖へと出て攻めに掛かります。


f:id:zo5ur53kle:20170503225204j:plain
降りるの大変やねん

そしてほぼ先端に着いたのですが居そうな筈だけど反応無し、そしてルアーを回収しようとした時水面で反転するヒラスズキ

幸いフックには触れてなさそうなのでもう一度足元をルアー漂わせます。

するともう一度アタックしてくるヒラスズキ

今度はフッキング出来たのでそのまま反転したヒラスズキにカウンターパンチ食らわすかの如く容赦なくフッキング食らわせましたが抜き上げる瞬間ポロリ


小さいサイズはコレだから嫌になるね。

てか腕が悪い証拠ですな。

はい。



そして気を取り直して立ち位置変えてもう一度トレース変えて様子をみると別の個体がルアーを引ったくります。

さっきと同様カウンターパンチ食らわしてそのままぶち抜こうとすると抜き上げた瞬間ポロっと外れて磯場を転がるように落ちていくヒラスズキ

慌てて取りに行こうかと思いましたがその頃には水面へ。


あきませんわ。

完全にヤラれましたわ。

そんな3日目の事。





そして今朝も東南東の風9m。

足摺岬周辺をランガンすると決めて朝の4時30分から磯に入ります。

干潮からのスタートとなり、朝から沖へと泳いで渡っては移動の繰り返し。

そして気が付くとアングラーさんが5名もおるし(笑)

そう、世間はGWなのでありまして、普段誰も居ないような磯場でも激戦区と化します。

出会う人皆さんが「今日はダメだ」と口にする。

それならより一層燃えるのですよ。


何とか1本捻り出してやりたいと。

そこから飯も食わずにひたすらランガン開始。

良さそうな雰囲気で広範囲攻めれそうな磯場はほぼ叩いて行く事に。


f:id:zo5ur53kle:20170503230514j:plain
落ちたら死ねる

f:id:zo5ur53kle:20170503230554j:plain
叩けど叩けど

f:id:zo5ur53kle:20170503230628j:plain
反応あらへん

f:id:zo5ur53kle:20170503230653j:plain
荒れ具合は完璧やねん

f:id:zo5ur53kle:20170503230725j:plain
出んもんは出ん(泣)


朝の4時30分から夕方17時30分までの13時間頑張りましたがノーバイト(泣)

釣れない驚きより、よく体力保ったなという驚き。

くそ、このままでは諦め付かないので明日の朝も磯ヒラ釣行リベンジだわ。


ただ3日目と4日目