読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フルムーンを撮ってみる

昨日の事ですが「ほぼ満月」だったのでSIGMAの150-500を試してみる。

機材の方はSONYNEX-6にLA-EA3。

コチラは位相差AFなどは効かないのでMFになります。



f:id:zo5ur53kle:20170511222639j:plain
35ミリ換算765ミリ相当

ココから本体のデジタルズームを2倍。


f:id:zo5ur53kle:20170511222913j:plain
デカイな〜


f:id:zo5ur53kle:20170511223003j:plain
デジタルズーム4倍

手持ちで撮影してみましたが、カメラ持ってると言うより「レンズ」を抱えて撮影しているようでした。


手ぶれ補正付きのレンズなのでNEX-6には良く効いてくれますな。

α7Ⅱの場合は本体に手ぶれ補正が付いてるのでレンズ側はOFFにする。

もしくは本体側をOFFにしてレンズ側をONにする。

コレどちらが手ぶれ補正の効果がデカイかと言うと、レンズ側の方が手ぶれ補正は効く感じに思えますな。

このレンズをα7Ⅱで使う際は本体の手ぶれ補正は切って使う事にしよう。

やってもーた

あかん、

やっぱりあかん、


わしの全財産を出してやな、


いってしもーたがな、






見よ!

このバズーカ!




f:id:zo5ur53kle:20170510194710j:plain
ジャキーン!

f:id:zo5ur53kle:20170510194731j:plain
ガシャーン!

f:id:zo5ur53kle:20170510194753j:plain
キュルーン!

f:id:zo5ur53kle:20170510194814j:plain
ガビーン!

SIGMA APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSMですがな。

完全に野鳥を撮る為のレンズでんがな!

ソニーの望遠レンズ言うたら500㍉単焦点しか存在せんがな。

お値段100万円やがな。

そんなもん買われへんがな。

サードパーテーでえぇがな。

f2.8やなくてもえぇがな。

このレンズも絞ればテレ端でもカリカリやがな。




f:id:zo5ur53kle:20170510202505j:plain
コアジサシ

トリミングしてもやな〜


f:id:zo5ur53kle:20170510202557j:plain
綺麗なもんやないけ〜!

f:id:zo5ur53kle:20170510202635j:plain
白いツバメやと思ったらカモメの種類やないけ!

f:id:zo5ur53kle:20170510202730j:plain
カラスもイッカつい顔しとるがな!





とりあえず












やってもーたがな!(汗)

トリトリタイ

先日GWの最終日は家族で森林植物園へ行ってまいりました。

兄貴達に声を掛けたら「暇なので今から行く」と即答。

到着までの間は子供達とピクニック気分でお弁当食べたり玩具で遊んだりしておりました。


f:id:zo5ur53kle:20170509211757j:plain
三姉妹

f:id:zo5ur53kle:20170509212001j:plain
走り回る三女

f:id:zo5ur53kle:20170509212049j:plain
遊び回る双子達

f:id:zo5ur53kle:20170509212131j:plain
ラケットだけで玉あらへん

f:id:zo5ur53kle:20170509212151j:plain
シャボン玉飛ばす


するとそこへ兄貴達が到着した様子で合流。

すると次男が「野鳥はどこや〜」いうてバズーカ並のレンズを取り出す。


f:id:zo5ur53kle:20170509212319j:plain
SIGMAサンニッパ

買ったとは聞いてましたがコイツ本気やないか(汗)

ま〜カメラに、撮る物に、影響受けやすい血筋は変わりありませんな。


早速子供達を置いて兄貴と2人野鳥探しに出掛けます。


鳴き声を頼りにゆっくりと進み、鳴き声の方をじーっと観察。

そして探す事10数分。


「居たっ!」

どこどこ?と聞く兄貴。

「あの木の枝の辺りに居るよ!」

僕がレンズを向けて撮影する。



f:id:zo5ur53kle:20170509213110j:plain
これはね〜

f:id:zo5ur53kle:20170509213129j:plain
ヤマガラだわ!


そして僕の目的は「鶯」を綺麗に撮る事。

ここから鳴き声を聞いてはジーっと木々とにらめっこ。

鶯って本当に見つけにくい。

木の枝を掻き分けながらゆっくりと進んで行き、そして目の前にようやく鶯発見!


「あそこだ!」

そう言うと兄貴もカメラを構えそのシャッターチャンスを逃さぬよう撮りまくる。


f:id:zo5ur53kle:20170509213547j:plain
おぉー!これが鶯かよ!

と言いながら僕に写真を見せてくれます。

今まで鳴き声だけで、実際の鶯を見たのも初めてだわ!と感動しておりました。

僕もタムロン70-300A005で頑張ります。


f:id:zo5ur53kle:20170509213751j:plain
全く届かんわい!(笑)

んなもんでトリミング。

f:id:zo5ur53kle:20170509213834j:plain
鶯さ〜ん♪

f:id:zo5ur53kle:20170509214028j:plain
ホケキョホケキョの最中に300㍉+デジタルズーム2倍

を、トリミング。

f:id:zo5ur53kle:20170509214130j:plain
ようやく納得の1枚が撮れました〜!

兄貴もこの「地味」と思われそうな野鳥撮りにのめり込んで行った様子。

んでもね、マジで鳥撮りだしたらおもろいね。

後輩からも「先輩、病んでるんですか?」と言われる始末でしたが、病むどころか面白いのよ。

釣りと共通した面白さがあってこれは奥が深いね。


そんな日曜日の事でした。




f:id:zo5ur53kle:20170509214422j:plain

matsuミノーでメバルを狙う

8連休後の出勤はかなり忙しく、休憩を取る間も無い程。

連休前から続いてた忙しさに変わりは無く本日も残業。

おまけに風邪も拗らせてて身体が重い。

帰宅しタイドグラフ見ると満潮からの下げ始め。

こりゃ試練だと思い気が付けば海へ立つ。

思ったほどの潮位では無く、明日から大潮。

今日はmatsuミノーでメバルを狙ってみよう。

選んだのは渓流用のシンキングミノー。

4㌢有る無しのこのミノーで、どのように攻めるか。

勿論海水なので多少沈下速度は遅いはず。

先ずはフルキャストして沖のシモリを狙います。

なるべく糸ふけは直ぐに回収し、穂先は上げた状態でリトリーブしながら時折上方向へ軽くトゥイッチを入れる。

ハンドル5回転に一度のペースか。



f:id:zo5ur53kle:20170508230303j:plain
早速チビメバルゲットワイルド

メバルが沈んでいればこの狙い方でも良いのですが、浮いてる場合は少し狙いにくい。
この狙いにくいの意味は「シンキングミノーなのでゆっくり巻けない」を意味する。

しかし活性が高ければレンジはあまり気にしないで良い。

f:id:zo5ur53kle:20170508230546j:plain
活性高ければ反射食いしたりもする

f:id:zo5ur53kle:20170508230627j:plain
良型も出る

f:id:zo5ur53kle:20170508230720j:plain
本日最大の

f:id:zo5ur53kle:20170508230815j:plain
24㌢も出た


matsuミノーはメバルにも最適だと気付いた今日この頃。

こりゃ本気でメバル用ミノーとしても作って貰わなければいかんな。


ただそれだけ

便利なアイテム

渓流でもミノーを収納するのに今回用意したのがコチラ↓


f:id:zo5ur53kle:20170507125602j:plain

f:id:zo5ur53kle:20170507125622j:plain

f:id:zo5ur53kle:20170507125634j:plain
MEIHOのツールボックスね。

これかなり便利っす。

でもね、少し厚みが欲しくてコレのもう一つの種類を購入。


f:id:zo5ur53kle:20170507203824j:plain

f:id:zo5ur53kle:20170507203841j:plain

f:id:zo5ur53kle:20170507203915j:plain
少し深いタイプ購入


コレがまた超便利なのよ。


詳しくはコチラ
http://meihokagaku.co.jp/?p=7947


f:id:zo5ur53kle:20170507211239j:plain
ほらね

f:id:zo5ur53kle:20170507211300j:plain
使いやすい

f:id:zo5ur53kle:20170507211339j:plain
渓流用にも

重宝してますわい。


さて明日から仕事。

忙しい日々に戻るとしましょうか。

高知遠征総括写真集

釣り以外に撮影した高知の写真を。



f:id:zo5ur53kle:20170506215700j:plain

f:id:zo5ur53kle:20170506215757j:plain

f:id:zo5ur53kle:20170506215843j:plain

f:id:zo5ur53kle:20170506220147j:plain

f:id:zo5ur53kle:20170506215909j:plain

f:id:zo5ur53kle:20170506215946j:plain

f:id:zo5ur53kle:20170506220126j:plain

f:id:zo5ur53kle:20170506220208j:plain

f:id:zo5ur53kle:20170506220235j:plain

f:id:zo5ur53kle:20170506220330j:plain

f:id:zo5ur53kle:20170506220258j:plain

f:id:zo5ur53kle:20170506220425j:plain

f:id:zo5ur53kle:20170506220454j:plain

f:id:zo5ur53kle:20170506220552j:plain

f:id:zo5ur53kle:20170506220606j:plain

f:id:zo5ur53kle:20170506220644j:plain



あっという間の5泊6日の遠足。

僕にとっては第二の故郷でもあって、自然豊かなこの町が好きだな。

のんびりと、自由気ままな雲のように過ごす事が出来た6日間。

本当に最高の時間をありがとう。

昨夜は宴会

僕にとっての最終日の締めくくりは皆が深海で釣ってきた魚達で宴会。

f:id:zo5ur53kle:20170505171600j:plain

f:id:zo5ur53kle:20170505170848j:plain

f:id:zo5ur53kle:20170505170904j:plain

f:id:zo5ur53kle:20170505170916j:plain

f:id:zo5ur53kle:20170505170941j:plain

f:id:zo5ur53kle:20170505171625j:plain

f:id:zo5ur53kle:20170505171001j:plain

f:id:zo5ur53kle:20170505171028j:plain

f:id:zo5ur53kle:20170505171121j:plain

f:id:zo5ur53kle:20170505171154j:plain
途中竹やんの暴走が始まる

f:id:zo5ur53kle:20170505171252j:plain
女性が駄目なら男性にアタック

f:id:zo5ur53kle:20170505171316j:plain
途中、乳首乳首言うてわけわからん(笑)

f:id:zo5ur53kle:20170505171403j:plain
これやり続けて何年?

f:id:zo5ur53kle:20170505171434j:plain
途中寝る男



今年も皆と遊べて楽しかった。

釣りの方は最後の最後まで頑張ってみましたが、やはり「僕らしい」最後だったかな。

まだまだですね。

また次回11月にリベンジをしたいと思います。

高知の皆、本当に感謝感謝!